SSDガイド

市場におけるSSDの現状

SSD最大の特徴と言えば非常に速度の速い読み書きに対応していること。ですが帯域の問題が常に付き纏います。まだSSDの主流となっているのはSATA 6Gbpsですが最近ではPCI Express接続のSSDも少しずつ増えてきています。SSD産業はある意味、過渡期に入ってきていると言っても良いかもしれません。そしてSSDに最適化された内部信号であるインターフェースNVMeに対応したSSD製品も増えてきています。もうHDDからSSDに完全移行される日も近いのではないでしょうか。

 

もうひとつのトレンドが低価格化と大容量化です。2.5インチサイズのSSDはSATA 6Gbpsで接続するため読み書き速度は最大600MB / 秒を超えることができません。そしてこれ以上の高速化を図ることもできません。そういった背景もあり2.5インチSSDの製品は低価格化につながっています。そして以前はSSDと言えば低容量といったイメージもありましたが価格が安くなってきたので1TB、2TBの大容量SSDも各社から販売されるようになりました。

 

高速SSDを使うためのPC環境

M.2 SSDには大きく分けると3つの種類があります。SATA 6Gbps接続、PCI Express接続、NVMeといった3種類です。これらの違いはバスの違いになっておりPCI Express接続は使用するレーン数を増やしたり、バージョンアップで帯域を拡張できるのがメリットになります。

 

AHCIとNVMeは内部のインターフェースが違います。AHCIはHDDを高速化するために作られた規格。実はSSDの性能を最大限に引き出すことができません。そこで開発されたのがSSDに最適化されたNVMeです。これはランダム読み書きの性能向上に期待がされている次世代SSDになります。

 

現在の状況ではNVMe対応のSSDは全てPCI Express3.0接続となります。2.0規格でも使用はできますが能力を最大限に引き出すことは難しいとされています。

 

2.5インチでPCI Express接続のSSDは出ないのか…?と期待に胸をふくらませている方も多いと思います。ですがSATA Expressの規格が事実上頓挫しました。SATA ExpressはM.2と並行して規格策定が進められてきていました。しかしSATA ExpressはSATAとの互換性重視で開発。PCI Express×2とM.2の半分の帯域しかありませんでした。そのためM.2の方が先に製品化されすぐに実行速度がSATA Expressの理論値を超えてしまった経緯もありSATA Express対応のSSDは未だに発表すらされていません。

 

SSDとの組み合わせが最高のPC

SSDはどんなPCと組み合わせて動作の高速化に繋げてくれます。ただ筆者の実感として必ずSSDを搭載させた方が良いPC環境というのが存在しています。それがゲーマーです。PCゲームを行う方は速いゲーム起動、ロード時間の短縮、モデルデータの読み書きの早さなどHDDとは比べ物にならないスピードで動作をしてくれます。

 

私もPCゲーマーでありHDD、SSDの両方を使ってきました。しかしSSDを一度体験してしまうと二度とHDDに戻る気はありません。おすすめゲーミングPCランキングでも解説されていましたがストレージはSSD搭載必須だと本当に思っています。

 

ゲーミングPCならSSDは必ず搭載させましょう。ゲームの快適性が段違いで向上でします。具体的にはゲーム起動が早くなる、ロード時間が大幅に短縮される、モデルデータの読み込みが早いのでゲームに有利など恩恵は多数!SSDも低価格になり搭載しやすくなりました。SSDを使えばHDDなんて使えなくなります。必ず搭載させましょう。

 

このような説明がされていましたがまさに的を得ています。もし私と同じようにPCゲームにのめり込む予定の人は必ずゲーミングPCにSSDを搭載させるようにしましょう。240GBで1万円以下、480GBで1万円弱程度です。またベース機種によっては初期構成でSSD搭載モデルもあるため予算を抑えたい場合は最初からSSD搭載ゲームPCを選ぶのも一つの賢い選択肢です。

更新履歴