PCにおすすめのSSD容量

あえて言うなら250GB以上のSSD容量がおすすめ!

SSDといってもパソコンの使い方によって最適となる容量は変わってきます。例えばソフトウェアをほとんどダウンロードして使わず、パソコンの使い方はWeb閲覧、動画閲覧がメインになる方は大容量のSSDなんて必要ありません。それこそOS、各種必要なソフトウェアが収まれば良いので120GB前後のSSDでも良いでしょう。

 

ただ、SSDは容量が少ないほどコストパフォーマンスが悪いです。各メーカーのSSDには3〜5通りのSSD容量がラインナップされています。価格だけ見れば容量の少ないモデルが一番安いですが1GBあたりの価格を割り出すと高くなるのが容量の少ないSSDです。

 

それを踏まえると250GB以上なら各容量モデルの1GBあたりの価格も1〜2円程度の誤差で済みます。昔と違って250GB前後のSSDは8000円前後で販売されています。かなり安くなりました。

 

パソコンを爆速化して大容量にしたいならSSD+HDD

PCゲーム等をやらない方であればSSDはOS、各種よく使うソフトウェアをインストできて少し余裕がでる容量にしておきます。そして画像、動画等の保存は安くて大容量モデルが揃っているHDDを搭載させることでPCの起動、各種ソフトウェアを爆速化しながらその他はHDDに保存するようにするとSSDを圧迫することなく長期間、高速なパソコンを作ることができます。

 

SSDはあまり多く情報の読み書きを行うと速度低下に繋がると言われています。またデータ保存容量が上限に近づいてきても速度低下すると言われています。そういったSSDの圧迫を防ぐためにもHDDと組み合わせることでSSDの劣化を防ぐことができます。

 

ゲーマーの方は500GB以上がおすすめ

ゲーマーになってくると上述した250GBだと少なく感じるケースが多いです。理由はファイルデータの大きなゲームは40GB〜60GBはストレージ領域を使います。そんな大型ゲームを2本、3本とSSDにダウンロードしたらすぐに容量一杯になります。

 

できれば500GB以上ある方が余裕を持ってゲームをダウンロードできます。

 

他の選択肢としてSSDを増設してゲーム用SSDを作ってあげるのも有り。私の場合は500GBでもSSD容量が少なく感じたので増設して合計1TBのSSD容量になっています。